日本航空

日本航空の新エネルギー利用

日本航空は2009年にバイオ燃料を利用したジェット燃料で羽田ー仙台間をフライトし、約一時間のフライトに成功した
しかし、バイオ燃料は食料を利用して精製するといったデメリットも抱えているが今回の使用したバイオ燃料は非食用の「カメリナ」が使われた。
カメリナ、ジャトロファ、藻より精製した3種のバイオ燃料を混合したバイオジェット燃料で、バイオジェット燃料50%と従来のジェット燃料(ケロシン)50%を混合した「混合バイオジェット燃料」を使用した。
使用機材はB747-300型の四発機でそのうちのエンジン一機に使用された。

DSC_00010.jpg
B747-400型 デモフライトで使用されたB747-300型機はすでに退役しているため撮影不可。エンジンの数、機体の形状はほぼ一緒

飛行機は大変多くの燃料を使用し飛行するためにエコと大きくかけ離れた乗り物だ。しかし、現代社会にとって飛行機は非常に重要な交通機関の一つであり。移動時間の短縮などの点においてなくてはならない乗り物である。
エコとは大きくかけ離れた乗り物ということは、エコに対応した飛行機、燃料を開発することができれば環境改善に大きく貢献できるということでもあるのではないだろうか。

エコフライトについての詳細はJAL公式ホームページプレスリリースを参照

                                                                 製作者 赤司

  • 最終更新:2010-08-29 21:35:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード